お客様の声

事例一覧
BACK
06

築き上げた個人資産の運用の一環で…
株式会社 アイ・タッグ代表 小林一光様

【クライアントインタビュー】

1.リオ・・・中川社長との出会い

私が中川社長と知り合ったきっかけは、私が早稲田大学での一年先輩であり、また、私は同大ラグビー部出身なのですが、中川社長もラグビー部に友人が多かったこともあり、その友人を介して知り合いました。

2.不動産投資へのチャレンジ

当時私は某外資系生命保険会社のフルコミッションの営業マンとして、幸いなことに結果を残していましたが、フルコミッションであることから、その収入がいつまで続くか分からないという先々への不安を常に抱いていました。 と同時に、自らの「資産運用」を行うことの必要性を強く感じていましたが、中川社長とのご縁から、その投資先として不動産を考え、法人を設立し不動産を一棟購入しました。この物件は利回りも良く、現在も長期保有を続けているものです。 その後、再生案件に絡んだ物件を一棟購入。再生物件ということで価格は安かったものの、当初の所有者との約束通り、一定の利益を頂いたところで転売し、その転売益を当初の所有者と分け合いました。 そして今、3物件目を購入しましたが、実はこちらはなかなか苦戦しています。収益がなかなか上がらない原因としては、物件の規模が小さい一方で、規模の割に管理費が高くかかってしまうこと。その為この物件については売却し、物件規模の大きなものに買い替えようかという相談を中川社長にしています。

3.アドバイザーの存在

私のように不動産に深く携わったことのない人間が本業を持ち続けながらトライするには、不動産投資は大変難しい分野です。そのようなときに私の意向を受け、プロの目で見た「入居者が決まるのか」「物件としてうまく経営していけるのか」など物件の持つ力についてアドバイスを貰えるということは非常に心強く、また助かります。更には、リオに一定の賃料保証をしてもらう等アドバイス以外のサポートも受けつつ資産運用を行っており、今後もこのようなお付き合いが続いていくものと思っています。

 

NEXT
事例一覧
トップへ