お客様の声

事例一覧
BACK
03

原点を忘れることなく、
世代を超えて愛されるために
金子 秀二様

創業当時からのお客様である、金子秀二さん。20年近くにわたってリオを見つめつづけてきたからこそわかる、強さの原点。そして、向かうべき未来への叱咤と激励。

【クライアントインタビュー】

聞き手 南 裕史(弁護士法人リオ・パートナーズ 代表社員 弁護士)
    倉橋 良介(株式会社リオ・アセットマネジメント 代表取締役)

1.リオは、すべてを理解する「ホームドクター」。

 南 :
金子さんは、リオにとってもっともお付き合いの長いお客様のひとりです。もう20年近くになりますね。
金 子:
都内に所有するビルのリーシングについて相談したのがはじまりでした。わたしの実家は大正時代より銭湯を営んでいましたが、時代の流れもあり、都内に持つ土地を活かして不動産業にシフトしたところでした。とはいえ、わたしは不動産の素人です。勤め人としての本業もあり、そちらが多忙だったためになかなか思うように動けない。そこで紹介されたのがリオだったんです。まだ社長と奥さんのおふたりだけで、オフィスはマンションの一室で。本棚にも、顧客の資料ファイルが数えるほどしか置かれていなかったことを覚えています。
倉 橋:
それ以来キャッシュフローの健全化とともに、所有する不動産を増やし、それぞれの運用をお任せいただいています。
金 子:
一棟借りしていたシングルテナントの退居など、やっかいな問題に直面することも多かったのですが、リオは見事に解決してくれました。ワンストップサービスを標榜するだけあって、さまざまな分野の専門家から多角的なアドバイスを受けることができるのは心強いですね。
倉 橋:
最近では、「次世代へどう資産を残していくか」を見据えたご提案もさせていただくようになりました。お子さんの会社を立ち上げ、そこで不動産を所有するようにしたり。
金 子:
わたしにとって、リオはすべてを理解してくれているホームドクターのような存在なんです。不動産は、家族にとっていちばん軸となる財産。だからこそ、大切な体を診るように、悪くなりそうなところを予見し、治療してもらえるのはありがたいですね。

2.代が替わっても愛される、プライベートバンカーへ。

倉 橋:
リオは、ビジネスとしては金子さんをサポートする立場です。一方で、サポートしていただいている側でもあると思うんです。お目付役、と言うと言いすぎかもしれませんが、たくさんのアドバイスをいただくことでリオは成長してきました。創業期から知る金子さんの目に、いまのリオはどのように映っているのでしょうか。
金 子:
規模が大きくなるにつれて、いわゆる「頭のいい社員」が増えましたね。アセットマネジメントという複雑な事業を考えれば、それはリオにとって必要な進化だと思います。ただ一方で、「汗を流して、袖をまくって」という、泥臭い部分もなくしてほしくないと思っています。特に不動産の場合、数字だけで判断したり、外から見ただけでわかった気になってはいけないと感じています。
 南 :
不動産は、法律や税務といった専門知識が大きく関わってくる一方、オーナー様とまっすぐに向き合う人間力も試されます。
金 子:
不動産オーナーって、基本的にわがままでしょう(笑)。なぜかといえば、感情が大きく入ってくるからです。土地への特別な思い入れもあれば、家族への配慮が必要になる。その機微を理解しなければ、仕事ははじまらない。杓子定規なアドバイスに終わるのではなく、気持ちを汲んだ上で動いてほしい。「汗を流して」というのは、向かい合ったクライアントにしっかり入り込んでほしいということなんです。わたし自身、リオのそうした姿勢に助けられてきました。ほかにもブレーンを抱えていますが、ひたむきに汗をかいてくれるという点でリオは突出していたし、それが最大の価値だと感じています。
 南 :
社員が増えるにつれて、わたしたち自身、一人ひとりの顔が見えにくくなることは当然起こりえます。それでもきちんと熱意を行き渡らせていくというのが、今後の課題になっていくでしょうね。

3.世代を超えて、豊かさを守りつづけるために。

金 子:
リオが毎年開催している運動会。あれがリオの強さの象徴だと思っているんです。チームごとにひとつになって、小さな子どものようにいっしょうけんめい走って。あの姿に、リオのパワーやチームワークといった利点が集約されていますよね。あの若々しい雰囲気が好きで、わたしも表彰式に顔を出したり、お酒を飲みながら朝まで話し込んでしまったりもします。
倉 橋:
世代を超えて、お客様の資産を守っていくのがリオのミッションです。それを果たすためにも、わたしたちの強みの原点をもう一度見直し、継承していきたいですね。
金 子:
不動産を軸にしたプライベートバンカー。そうなることをリオに期待していますが、今はまだ、ちょっと言いすぎかな(笑)。
 南 :
タックスも法律もすべて理解した上で、お客様にあわせてオーダーメイドのサービスを組み上げていく。プライベートバンカーと呼ばれる存在になることは、わたしたちにとっても大きな目標です。
金 子:
最終的には、クライアントの代が替わっても愛されつづけていくこと。親世代、子世代のどちらにもしっかり耳を傾けながら、「リオにはあの人がいてくれるから」の「あの人」になってほしい。会社が号令をかけることももちろん大事ですが、一人ひとりがしっかり意識して行動し、その集合体として会社がよくなるのが理想。これからも、しっかり見ていますからね。
倉 橋:
ぜひ、よろしくお願いします(笑)
NEXT
事例一覧
トップへ